EVILACT blog TOP > 2013年10月05日

2013年10月05日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

珍しく商品情報。

おはようございます。
珍しく午前。昨晩は寝落ちしてしまいました。


DSC02616_20130930200149eb2.jpg
先日FOR SALEをかけていたイサムの61XLCHですが、目出たくSOLDとなりました。
購入して頂いた方。またはご検討くださった方。FOR SALEの記事をシェアしてくれた方々。本当にありがとうございました。
イサムも次のプロジェクトに向けて、動き出す事ができ、大変喜んでおります。






さて、年末に向けて幾分バタバタして参りました。ブログは無事再開することとなりましたが、やはりその分寝不足になりがちに。でもブログを書く事で毎日を振り返り、頭の中を整理するのに一役買っているようで、以前より計画だてて動く様になってる気がします。つまりは仕事の効率が若干上がりました。。。まぁ、日記と手帳の両方の役割を担ってる感じですね。

因にバイク屋さん達は、きっとhot rod custom showに出展するバイク制作に追われている事でしょう。
またアパレルさんは、spring/summerの展示会に向けてのサンプル制作や展示会準備で忙しくされてると思います。
evilactはまだ展示会を開ける程のブランド力が無い為、コツコツと見込み生産を続けております。
しかし来年から、アイテム数は少なくともシーズン毎にカタログ制作をしたいとなと強く思っております。。。
その時はみなさん宜しくお願い申し上げます。




1E8P9143.jpg
さて、、、ずっと放置気味の47EL。。。そろそろ手をかけていきたく思います。
ちなみにこれはUP-SWEEPの弁天小僧が撮ってくれたお気に入りの一枚。



DSC04097.jpg
お友達が少しずつパーツ収集をしてくれております。
なかなか素人の知識では太刀打ちできない世界であります。
やはりその道を常に勉強せれてるコミュニティーの人達に協力してもらうのが一番ですね。
Mくん、Yくん、ほんとに助かってます。感謝感謝!!





130810-01.jpg
さて、、、SOLDしていた
HI STAND NECK DENIM VEST(indigo)ですがそろそろ再入荷いたします。





1E8P2054.jpg
これから重ね着の季節ですね。
先日より度々紹介している、スタンダードデニムシリーズの5ポケットジーンズとのセットアップはもちろん、今後このテキスタイルで制作したのパンツやジャケットもセットアップで着られる様に統一の企画で進めて行きます。
過去に購入いただけたものと、新商品が違和感なく合わせられる様にと、スタンダードデニムシリーズは考えてます。
よろしくお願いします。








さらに再入荷情報です。
DSC_0560_2.jpg
昨年11月と今年の2月にかけて2度生産しましたTWIL WAX COATING HOOD JKTですが、おかげさまで、2回ともあっという間に完売となりました。
完売してからもお問い合わせが多かった、こちらの商品ですが今月中に再入荷いたします。
色は前回前々回同様の黒と新色のアーミーグリーンとなっております。





DSC_0568_2.jpg
多少変更した点は、襟裏のスナップボタン、腕まわりを気持ち絞り、肩のリフレクタープリントを排しました。
写真は以前の物になります。申し訳ございません。

入荷次第お知らせいたします。







こちらはEVILACT ORIGINAL EYEWEAR
DSC_0038_201310050004443cd.jpg
EMBLEM

RAY-BANの代表モデル「WAY FARER」を参考にし、平均的日本人の顔にあう様にフレームから制作しました。
先のTWILL CORTING HOOD JKTのご紹介で僕がかけているサングラスも制作段階のサンプル品の為、今回入荷分の物とイメージは一緒です。後日かけてる状態をアップします!





DSC_0030_20131005000419712.jpg
まずはグリーンレンズ。
このタイプのサングラスにはやはりこのレンズ。
外から目は見えませんが、夜でも割と大丈夫です。
フレームカラー
ブラック、マットブラック、ブラウンデミ、ホワイト、レッドの5色展開。
¥10,290-






DSC_0016_2013100500041645c.jpg
こちらは、グラデーションレンズタイプ。
フレームカラーによって、カラーは変えております。




DSC_0020_201310050004184ac.jpg
グラデーション具合がわかる様にバックを白で撮影した為、かなり薄く見えますが、実は一番濃い部分は、先に紹介したグリーンレンズ位の明るさです。

フレームカラー
ブラック、マットブラック、ブラウンデミ、ブルーデミ、ホワイト、レッドの6色展開

10,290-


DSC_0013_2013100500041552d.jpg
こちらは調光レンズタイプ。

紫外線が当たらなければご覧の様にクリヤーレンズですが、屋外などの紫外線が当たる場所ではレンズが濃くなります。レンズ色の濃さは紫外線の強さによって変わり、晴れの日にはかなり濃くなり、日陰などでは薄い色になります。
こちらはガラスレンズになるので、強く落としたりぶつけたりすると、割れる恐れがありますので、取り扱いは多少デリケートにお願いします。

フレームカラー
ブラック、マットブラック、ホワイト、レッド
¥12,390-


DSC_0033_20131005000420beb.jpg
右の鎧部分には3ドット。
テンプルにはEVILACTロゴのメタルパーツを埋め込みました。





DSC_0036_20131005000441a50.jpg
EMBLEM...





DSC_0037.jpg
通常のサングラスに比べ、テンプルとフロントに傾斜がついてますので、装着時にまぶたに当たる人は少ないと思います。更に傾斜がつく事により、ブリッジ部分からフレームの下部かけて、顔にフィットしやすい形状なので、風の侵入が少なくバイカーシェードとしても全く問題ありません。
長く定番として使用して頂きたく思います。

こちらのEMBLEMのは既に入荷済みとなっております。宜しくお願いします。











ここからは今後入荷いたします商品紹介です。


130728-12.jpg
以前holy terrorsブログで写真だけだしましたが、間もなく3ピースのセットアップが入荷いたします。
20〜30年代のサックジャケットをベースに仕立てたclassic jacketとvest。セットアップコーディネートが可能なワークトラウザー型のpants。




DSC_0005_2013100500202773d.jpg
初の試みであるので最小ロットにての生産になります。あまり数を作っておりませんのでご了承ください。
既にトラウザーは入荷しておりますが、間もなくベストとジャケットも入荷いたします。





DSC_0001_2013100500203277a.jpg
本格的テーラードと言うよりは、カジュアルとしての目線で制作しております。セットアップで切る場合も堅苦しく考えず、ワークブーツなどでラフにコーディネートして頂きたいと思います。もちろんセットアップとしてだけではなく個別に様々なスタイルで着こなしてください。3ピースセットで持っていると何かと重宝すると思います。
因に僕はこれで油まみれになりながらELに乗りたいと思います。







さて、、、
DSC_0012_20131004211906335.jpg
こちらは先日紹介いたしました HEAVY MELTON RIDE P-COAT





DSC_0006_20131004211903cdf.jpg
こちらは制作段階だったサンプル商品なので、大きくではありませんが、本生産分は若干仕様変更があります。
しかし、イメージが変わる程ではありません。
見た目でわかる変更点はメインポケットに使用しているスライダーのサイズを大きくし、取手はボールチェーンになります。






DSC_0008_2013100421190555a.jpg
また、革ストラップのとめボタンの変更。





DSC_0019_20131004211908ec2.jpg
チンウォーマーをもう少し大きくし、首まわりに余裕を持たせます。





DSC_0029_20131004211909fe0.jpg
目に見える所の変更は以上です。
上品で美しいシルエットはそのままに、更に着心地を良くしてます。





PA021127.jpg
ライナーは3Mシンサレートキルト。





DSC_0041_201310042119265c9.jpg
袖口はリブ仕様。
袖のライナーにも3Mシンサレート。





PA021126.jpg
またダブル前ではありますが、やはり風の侵入は防げないので実はジップ仕様。
画像のサンプルでは逆開の5番ジップで華奢な印象ですが、本生産分はライダースなどに使われる大きめな10番ジップになります。閉じてきてる時は見えませんし、前を開けて着用した際、あえて目立たすように画像にはないですが、10番を選びました。

という事で、妥協しなかった結果、コストの面でも相当なものになってしまいましたが、それ相応のP-COATに仕上がったと思います。ぜひ手に取って感じてもらえたらと思います。


こちらは極厚なメルトンを使用しているため、縫える工場が限定されており、少し先の11月入荷予定になります。
はっきりした納期がわかり次第、またお知らせいたします。










さて、今年もこの時期になると、冬物の問い合わせをいただく様になります。
やはり、軍物はルックスも機能性もバイクと相性が良く、デッキジャケットのお問い合わせを多くいただきます。

もちろん定番として今年も販売したかったのですが、改良を繰り返し、ある程度完成型に達した感のあるオリジナルデッキジャケットは一旦お休みさせて頂き、今年は新しく制作いたしました。



P8290563.jpg
TANKERS JACKET
WINTER COMBAT JACKETが正式名称でしょうか。
もともと第二次世界大戦中に名前の通り戦車兵に支給されたジャケットですが、機能性の良さから航空部隊に人気があったようです。確かにフライトジャケットに共通点が多いですえね。まぁ軍マニアでもないので、それはいいですね。

それにしても当方に、もう少しブランド力があれば、これだけバイク乗りに定番化しているデッキジャケットも一緒に販売したかったのですが、、、残念。
とはいえ、来年に向けて更なる改良を加え冬の定番商品としてカタログに載せられるよう頑張る次第です。





P8290561.jpg
さて、タンカースジャケットに戻ります。
ウィンターコンバットの名の通り、表地こそコットンツイルですが、ライナーはウールと言う事でタウンウェアーとしてはそれなりに暖かいのですが、実は冬場バイクに乗るには風の侵入が半端無く、あまり真冬のバイクに向いておりません。





P8290558.jpg
しかし、見た目はシンプル極まりなく大変カッコいい。首、裾、袖のリブニットと理にかなってます。もちろん元々は野暮ったい、やけに丈の短いジャケットですが、シルエットを一から見直し、現代的なシルエットに。機能面も限界はありますが、それなりに見直しました。






P8290557.jpg
改善点ですが、元々のシルエットの変更は当たり前に、更にシンプルさを追求し、肩から背にかけたアクションプリーツを無くしました。機能的にはあった方が動きやすく、手を伸ばした時に腕が出にくいのですが、やはりこのジャケットの野暮さの大きな要因に思えたのでそうした次第です。
また各リブをしっかりした物にし、幅を適度に大きくしています。
一番の防風を考えるならば、表地を変えるのが一番手っ取り早いのですが、雰囲気を殺してしまうので、モコモコ感が出ないようライナーにナイロン、3Mシンサレート、ウールの4層にする事で保温性をあげてます。
さらにシンプルなポケットは、隠しジップ仕様にし、中に入れたものの落下を防止します。


さて、こちらもサンプル商品の為、ポケットにつくネームと首裏に小さく入るプリントが入っておりません。
本生産分にはそのどちらも入った状態になります。

また、オリジナルデザインのステンシルを付属する予定です。
シンプルすぎると言う方は、それを使いご自分でカスタムされても良いかと思います。

こちらも具体的な入荷予定日が立ち次第、また紹介いたします。




気合いが入りすぎて長々と申し訳ございません。
おつきあいありがとうございました。
もちろん冬モノは、本日紹介した以外にも予定しておりますので、随時ご紹介いたします。
ではでは。。。

ふぅ。。。疲れた(笑)

EVILACT blog TOP > 2013年10月05日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。