EVILACT blog TOP > 2014年01月22日

2014年01月22日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

上がるバイク熱。。。

こんにちは。





写真 13
今時期の夜は少し寒いですが、空気が澄んでいて夜景がとても綺麗です。
年末年始に賑わっていた横浜に比べると、少し人も減り、夜は幾分静かに感じます。



そんな夜はこういう優しい歌を聴きたくなります。

エルトンジョンの大好きな曲です。
どうぞ聴いてください。








DSC_0054_201401212338137cd.jpg
話はかわりますが、昨夜は友人の通夜に行ってきました。


この歳になると友人知人が旅だって行くのは珍しい事では無くなり、人の死にも少しずつ慣れてしまった気がします。
特に友人の急な死は、悲しいと思う以前に今一実感が持てず、遺影の中の笑った顔を見てもやはりピンときません。。。バイク事故でした。

しかし通夜の帰り、電車で揺られてる時、特にする事もなく、その友人と一緒にバイクで走ったり、カスタム談義をしたり、大風邪をひいた時に、彼が作って持ってきてくれたお粥の事を思い出してると、少しずつ現実味をおびていき、やはり死んでしまった事を序所に実感しました。
揚げワンタンの入ったお粥は美味しかったなぁ。その味はきっと忘れる事はないでしょう。
そして残念な事に、死んだ彼に僕が出来る事なんかそれ位しかありません。。。
Aよ、さらばだ。




そうそう、さっき貼ったエルトンジョンのyour songに

How wonderful life is while you're in the world
「なんて人生は素晴らしいんだろう、この世に君がいるだけで」
という歌詞があります。



バイクに限らずですが、みなさんもくれぐれも事故に気をつけてください。





















さて、それでも僕らはバイクにのります。
1E8P3605_20140122013110877.jpg   
UL...












写真 4
先日フレーム修正の為にチェリーズに持ち込んで見てもらうと、ひん曲がってるわ、インロウ無し&薄いパイプのツギハギフレームでした。そりゃまっすぐ走らないし、おかしな所で折れるはず。
何年間もずっと気になってた、見た目のバランスもわるかった訳です。
ガックリしながらバラバラにします。なんかくやしい。。












写真 5
これを機にレプリカフレームに載せかえです。特に外装は変わりませんが、各部を見直しです。。。























写真 3



























写真 6
47elはchoperとは対局にドレスアップ化します。
厚木の渡辺自動車にドックイン。
暇人に集まってもらい手伝ってもらいます(笑)











写真 7
村くん監修、ゆうきメカの元、作業は着々と進みます。











写真 1
用意できなかったセンタースタンドキャッチャー。
なんとタグつきデットストックをMくんがプレゼントフォーミーしてくれました。。。
うう、、、ありがたい。













写真 2
当時の純正オプション、buco、フランダース他、色々と並びます。。。













DSC07663_20140121233815141.jpg
??














15_2014012201311531a.jpg
まつくん、しげくん。














写真 13
まつくんのナックル。いい色になった錆がなんともいえません。













写真 18
組んだばかりのしげくんのUL。すげーいいです。












14.jpg
乗らせてもらいます。
リンカートいいなぁ。戻そうかなぁ?でもまたバイク燃えたら、、、というトラウマが。













写真 4
結局僕はほぼ何もやってない。。。










写真 16
遅くまでみんなありがとう!











DSC07670_2014012123381678b.jpg
???













写真 8
大分雰囲気がでてきました。
バイクがでかいので、身体のでかいカズくんにやはり似合います。
そんなカズくんのショベルも現在カスタム中。













写真 16
まだ途中ですが、パーツが集まるまではこれで。














DSC07985.jpg
スタッフのイサムのnewアイアンもある程度完成したようです。
これもまだまだらしいのですが、ひとまず走り出してます。













DSC07469_201401212348373d0.jpg
調子も良さげで何より。
後ろで見守るマイクもロッドショー前日に信号無視の車に突っ込まれ、新しくパンを制作中。
今年は例年以上にバイク熱が上がりそうです。















DSC07674_20140121233900cf6.jpg
さっきから意味不明なブリーフ姿は結婚式の2次会の余興。おめでとう!
















DSC_0024_201401212337565ae.jpg
さて、、、年末年始のバタバタで、コチラの商品の詳しい紹介をしておりませんでしたので、改めて。。。

CLUB JKT ''Rebel Noir,,












DSC_0027_201401212337582b9.jpg
生地は以前ご紹介したPコートと同じ、ヘビーオンスメルトンを使用。
裏地には定番の3Mシンサレート。
ビンテージを意識しながらも、重量感と防寒性は比ではありません。












DSC_0028_201401212337596bf.jpg
バックの刺繍は贅沢な目の詰まったチェーンステッチに。
本来は通称カークラブジャケットなどと呼ばれますが、evilactのバックボーンはやはりモーターサイクル。
しかし、いわゆるパッチホルダーの背中のようなアウトローバイカー然とした刺繍ではなく、60年代のカークラブメンバー達の背中。。。

デザインはbonny & bills design の kunihiro氏に依頼。
そんな期待を見事に表現してくれました。
架空のクラブとして、今後もevilactで頻繁に登場する機会がありそうです。












DSC_0030_20140121233801748.jpg
リブは既存のものでは満足できず、オリジナルで編みたてました。
ジッパーはwaldesのダブルジップ。












DSC_0032_20140121233802e64.jpg
裏地のキルティングのパターンも、一見普通のダイヤステッチに見えますが、菱形が交差したデザインで押さえてます。












DSC_0049_2014012123381272b.jpg
シルエットはあまり絞りすぎず、多少の野暮ったさを残しながらもご覧の様にすっきりとしたシルエットになってますので、あまり時代背景を気にしなくとも、気楽に着用できる一着です。












DSC_0048_20140121233810b28.jpg
サイズは38(M)40(L)42(XL)の3サイズ

カラーはトルソーに着させたグリーン
モデルが来ているブラック
の2カラー展開。

¥68,250-(tax in)


既にサイズ切れをおこしておりますが、オンラインストアーにアップ済みです。
是非、ご覧ください。

ONLINE STORECLICK!!







ではまた。。。

Continue reading

EVILACT blog TOP > 2014年01月22日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。